石巻四次元横丁、公開制作

もう一週間も前の事ですが、同窓会で石巻グランドホテルへ向かう前に、日和アートセンターへ寄りました。

以前書いた、石巻四次元横丁、アーティストによる公開制作を行っているとの事で、見学に。

http://ishinomakiarts.wordpress.com/program/

日和アートセンター内では、幸田 千依さん、宮本 悠合さんが公開制作をしていました。
幸田さんは東京の方で、滞在制作しています。水着ガール。4点。だいぶ進んでるように見えましたが、その時はまだ途中の状態でした。
宮本さんは石巻在住だそうです。かわいらしい招き猫。

近くの空き店舗では、佐立 るり子さんが制作をしていました。僕が行った時はまだ大工仕事みたいな状態でしたが、もう形になっているんでしょうね。大がかりです。石巻の津波被害にあった空き店舗だからこそこういった形にしたかった、というような思いも聞きました。佐立さんは石巻出身で仙台在住とのこと(僕もですけど)で、仙台での展示は何度も拝見しています。シンプルな色と物質感、そんなものが合わさって静かに沁みる作品です。

公開制作は8/22(木)までらしいので、もう終わりそうですけど、制作過程を見れるのは面白いですね。
8/23(金)からはワークショップと公開制作の成果展が始まりますので、見に行きたいです。石巻駅や周辺各所に展示されるそうですよ。

 
日和アートセンターの立石沙織さんにいろいろと四次元横丁の事を聞きましたが、それ以外にもいろいろ聞きました。

近所では本のスペース、石巻 まちの本棚っていうものが出来たそうです。アイトピア通りにかつてあった耽書房(たんしょぼう)跡地だそうで、耽書房懐かし~と思いました。

日和アートセンターの隣は ISHINOMAKI 2.0 って団体が入ってます、とか聞きまして、名前は聞いたことがあるけど、よく分からなかったので興味を覚えました。

いずれどちらも行ってみようと思います。

それと、石巻四次元横丁のサイトで、
石巻と女川で生まれるアート活動をつなぐ広報連携プロジェクト「石巻線をつかったアートリンク」
http://onagawaarts.wordpress.com/
ってのを見つけて、これも面白そうです。
アーティストの中に、写真家の方も名前がありますし、行ってみたくなりました。

 

広告

日和アートセンターにて

20130803-230116.jpg

今日、土曜は日和アートセンターへ。2週連続です。多分来週も顔を出すと思います。

5人の時間展「意識のながれ」
http://hiyoriartcenter.com/2013/07/30/ishikinonagare/

会期:2013年8月2日(金)〜8月11日(日)
時間:11:00〜19:00
会場:日和アートセンター
出展者:窪田春佳、菅野亜美、岸さつき、樋口花蓮、鈴木愛

5人とも宮城野高校美術科卒業生で、現在大学2年生だそうです。遠く山形、東京、京都から集って大変だったろうと思いますが、フレッシュな空間でした。
窪田さんとは、リチャードの展示の時に会って少し話を交わしていましたが、今回も話をすることができました。
樋口さんは、わざわざ京都からいらしてたらしく、今後の展示のご予定等も聞けましたので、タイミングが合えば。
(holga expoの宣伝もしておきました。)

ちなみに展示を見に行った時、このなかで公開制作風に絵を描いてました。
20130803-230132.jpg

今回お話し出来た出展者二人とも、とても前向きに話をされていて、しゃきしゃきした新鮮さを感じました。未来は明るい。
地元に目を向けて展示をすると言うところ、感心しました。恥ずかしながらそういったことに関しては、目から鱗な部分もあって、そうか、と。石巻での展示も面白そうだと改めて気付かせてもらいました。

今後も石巻四次元横町というプロジェクトもありますし、日和アートセンター要チェックです。
20130803-230312.jpg

日和アートセンター開設からの活動記録の冊子を頂きました。
20130803-230324.jpg

 

石巻四次元横丁 @日和アートセンター&石巻駅周辺各所

yojigen_00

日和アートセンター主催の、石巻でのアートプロジェクトです。
面白そうなので、出来る限り行きたいし、応援したいです。

石巻四次元横丁

http://ishinomakiarts.wordpress.com/

=======================================
石巻駅周辺の路地(小路、横丁、通り)を「四次元」に調べ、「四次元」に楽しもう!
をモットーにした、小さなアートプロジェクトです
=======================================

企画タイトル
 石巻駅周辺の路地から生まれる、小さなアートプロジェクト
 「石巻四次元横丁(いしのまきよじげんよこちょう)」

会期  ワークショップ期間:2013年7月20日(土)〜8月18日(日)
公開制作期間:2013年8月12日(月)〜8月22日(木)
展覧会(成果展)期間:2013年8月23日(金)〜9月8日(日)
開催場所 日和アートセンター、石巻駅周辺各所

参加アーティスト 佐立るり子、宮本悠合、ちばふみ枝、四倉由公彦、幸田千依

プログラム
① 地域参加型ワークショップ
 1)四次元レクチャーシリーズ「地図から詠む物語の会」
 2)門脇中学校美術部による「カオパネ制作隊」
 3)浅井元義氏による「こどもの土曜写生会」
 4)細道?近道?寄り道?「マイ横丁マップ」を描こう!
 5)アーティスト幸田千依と高校生による「歩く絵の冒険」
② アーティストによる公開制作
③ ワークショップと公開制作の成果展「石巻四次元横丁」

なんか面白そう。明日7/27はちょうど石巻へ行く用事があるので、

「石巻駅周辺の横丁から詠む物語の会」
第3回 新田町(+中里町)  7月27日(土)

へ行ってみようかな。
「復刻!土曜写生会」も面白そう。

 
ちなみに、
日和アートセンターと言えば、今年の4月に、
リチャード・バイヤーズ「光 と つくる / Build with light」
を見てきたんですよね。

 

リチャード・バイヤーズ「光 と つくる / Build with light」 @日和アートセンター

20130501-020657.jpg

震災前からですが、石巻の実家へ行くとカメラを持ってふらっと日和山散歩をたまにしてます。震災後は、また違った感覚で日和山公園からの景色を見下ろします。4/28(日)にも散歩を。ちょうどいい桜の時期かと思ったのですが、葉桜でしたね。数日前だと桜が綺麗だった事でしょう。

坂のある風景が好きなんだと思います。そういうところをふらーっと彷徨うのが面白いのです。が、今日に限っては市役所から街に降りました。帰ろうとしたところ、アイトピア通りで「日和アートセンター」というアートスペースを発見しました。一旦通り過ぎて、再び戻る、という二度見のような行動の後、おずおずと入りました。

リチャード・バイヤーズというオーストラリアのアーティストの、写真とドローイングと映像とインスタレーション展示でした。レジデンスで石巻に滞在して作品制作をしているそうです。和紙へ写真プリントされた石巻的な原風景は、何かこころを打つものがありました。本人在廊しておりましたので、片言の英語(自分)対、片言の日本語(リチャード)でいろいろ聞きました。昨年、旧石巻ハリストス正教会教会で映像作品を発表した、とも言っていて、iPad mini でその時の様子を見せてもらいました。(そのiPad miniに見覚えがあるステッカーが。ビルドスペースのでした。)

日和アートセンターレジデンスプログラム2013
リチャード・バイヤーズ「光 と つくる / Build with light」
http://hiyoriartcenter.com/2013/04/01/build_with-_light/

開催期間:2013年4月12日(土)~5月12日(日)
時間:11時~19時
休館日:水・木曜日
会場:日和アートセンター
http://hiyoriartcenter.com/

オーストラリア出身のニューメディア・アーティスト、リチャード・バイヤーズ ( Richard Byers ) による展覧会です。また、地域のみなさんから、石巻の風景写真を持ち寄っていただき、その風景をドローイングして、展示していきます。

滞在制作期間: 2013年3月12日(火)〜5月13日(月)

このようなスペースが石巻にあるとは知らなかったです。いや、以前に何かで見聞きしたような覚えは無い事も無いのですが、とにかく、記憶には無かったのです。とても好感の持てる良いスペースで、良い展示でした。これから要チェックです。

その後もリチャードや、アートセンターの人と話していると、僕がここにたどり着いたその少し前に、ジョルジュ・ルース御一行も来たという話を聞きました。ニアミスにびっくり。

また、たまたまそこにいた大学生と話をしましたらば、石巻出身だけど、大学は東京で、たまたまGWで来ていると、そして8月にここで展示をすると、そういったことを聞きました。その時は見に来ましょう!